ベートーヴェン ピアノソナタを聴きまくろう

BTBT (2).jpg

ベートーヴェンの生誕250周年は
先日終わってしまいましたが(?)
これはちょっと昔の話。

250周年に、ピアノソナタを聴きまくりたい!
という気持ちが(どういうわけか)沸き上がったので、
その感情のままに2つの全集を購入。

ピアノソナタ全集もピンきりで、
安いものは3000円もしないものも多いのですが、
250周年を意識して録音されたものを
聞かなければ意味がない!
というワガママというか、
まあ言っている意味もわからんでもない、
と、その言い分に強引に納得して最新録音を選びました。

あと、俺は国内盤支持派。
過去には評論家がこぞって
国内盤の音の悪さを非難していたが
今はそこまでの差はない。

それよりもCDの品質。
これが輸入盤はすこぶる良くない。
日本の気候に合わないので、
割れたりすることがザラ。
多少音質が良くても、割れてしまっては意味がない。


BTBT (1).jpg

同じ全集でも、ここまで厚さが違う。

厚いほど「全集だなぁ」という満足感はありますが、
棚の占有を考慮すると薄いほうが良い。一長一短。


メジューエワの録音は目が覚めるような美音。
パワー全開。音のごちそう。


レヴィットは美麗さには劣るものの、
安定したテクニックでビシッと決める。


どちらも素晴らしい録音で、
高いお金を出したかいがあったと
胸をなでおろしました。

でも、終わりの番号になるほど
聞き流しちゃうんだよなぁ・・・
ここをじっくり聞き分ける耳を育てたい。
いっぱい聞くぞー













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント