EMIクラシックスの移管

タワーレコードから「EMIクラシックス・レーベル」の
「ワーナー・ミュージック」への移管のニュースが
飛び込んできた。

(結構前のニュースだったのかしら?)

銀行みたいにどんどん統合されていく・・・


EMIレーベルのSACDは、もうメーカー取り寄せ
できませんよ!と最後のキャンペーンが展開されて
いたので、いくつか買うことにした。



画像


ウィーンのフルトヴェングラー。1~3をまとめて。

CDで聴いたことないから、音が良くなったのか
どうかは、分からんが、自然な音質で聞きやすい。
(とりあえず1を聴いてみた感想)

しかし、フルトヴェングラーのモーツァルトは
さほど面白くない。併録のハイドンも・・・

タワレコオリジナル企画のフリッチャイの
モーツァルトの方がネットリしていてステキだった。

魔笛の夜の女王のアリアは意外とスタイリッシュで
面白かった。これは当たり。


画像


カラヤンのオペラ間奏曲集。

ユニバーサルのこの手のSACDを2つほど
買っているので、正直食傷気味ではあるが、
つい手を伸ばしてしまう。

どんな音質に仕上がっているか楽しみだ。

画像



レスピーギのこの曲は、マイナーな割に
聞きやすく面白い。

マリナーなら外しはしないだろう、
という、謎の信頼で購入。


もっと欲しかったが、いくらキャンペーンでも
元々の値段が結構するので、これが限界。

在庫よ、もう少し残っていてくれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック