ESOTERICのSACDをいくつか購入したので紹介しながら雑談

この連休、東京へ行く機会がありましたので、
秋葉原のヨドバシカメラを散策。

良いスピーカー、ないかなぁって。
この前のDENONも悪くはないのですが、
もうちょっと音に重みが欲しいんですよね。

ヨドバシカメラは新品からアウトレットまで
結構品数豊富にずらっと並んでいるので、
ここで吟味してネットの安いところで買おうと(!)。


そんな不遜な散策中にESOTERICのCD棚を発見。
そういえば、最近買ってないな。

EMIやTELDECの音源を使うようになってからは、
どうにも音質改善がわかりにくくなったってのもあって、
最近購入しないでいたんですよね・・・

みんなも同じ印象なのかな?
かなり在庫が余っているご様子で。


でもまあ、なかなか地元では手に入りにくいから、
ここで買っちゃうことにしました。

画像


買ったのは、アバド&ヴェンゲーロフによる
チャイコフスキーとグラズノフのVn協奏曲。

画像


同じくアバドのメンデルスゾーン。
結婚行進曲は、いつも聴くと赤面しちゃうんだよね。
「うわぁ!結婚行進曲だ!」ってな感じで。(まんまじゃん)
あと、どことなくドラクエやFFっぽいのが恥ずかしい。
(それはメンデルスゾーンの責任ではないはず)

画像


最後はカラヤンのバルトーク。
こんな音源あったのか。知らなかった。
帯の寸評に「主観と客観の絶妙なるバランス」
とか書いてあるけど、本当かしら。

同じくベルリンフィルを振ったマゼール盤みたいな
とことん大げさに表現してみました的な演奏を
好んで聴いているだけに、中途半端な印象で
終わってしまわないか、今から不安でござんす。


あと、テンシュテットの巨人とか、クーベリックのモーツァルトとかも
欲しかったんだけど、こういうのは売り切れるみたいですね。ざ~んねん。
まあ、手に入るものを堪能するスタイルで行きましょう。そうしましょう。


あ、そうそう、コバケンとチェコフィルのベートーヴェンも
このたびめでたく完結しましたね。
これも4,6番で止まっていたから、これも更新しなければ・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック