私のオーディオ遍歴

このたび、マイ・オーディオを総入れ替えすることにしました。
(前々から欲しいと思っていた機種が良い値段まで落ちてきたので)


こんな機会ですので、私のオーディオ遍歴をここにご紹介。
っつっても、しょっぱい歴史なんですがね・・・


まず、自分用に初めて買ってもらったのが
KENWOODのCDラジカセでした。

ラジカセなので、音質は期待できるはずもないですが、
それにしても音が閉塞的で、不満でしたね。ええ。

もっと開放的に鳴る機種に憧れる日々が続きました。
ここの飢えの時代で自分の望む音質が形成されました。


KENWOODっていうと、かつて高音質で名高いメーカー
だったはずなんですが・・・まあ、ラジカセだしね。


時は移って学生時代、友人の家に遊びに行ったところ、
PIONEERのコンポが実に良い音で響くのに感銘。
(特に低音が豊かに響いていました)

PIONEER!コンポ!欲しい!
と、電器屋へ。

何を間違ったかパナソニックのコンポを購入。
(無知なもので・・・)

5CDチェンジャーのコンポでした。
チェンジャーの機能は今でこそ使いませんが、
CDが結構さばけるので重宝しましたね。

まあまあ、開放的な音ではありましたが、
まだ何か物足りない。高音質への欲求は募るばかり。

月日は流れ・・・
5CDチェンジャーコンポに激しい音飛びが発生。


その頃はもう社会人だったと思います。
会社の先輩より、ONKYOを薦められます。

早速電器屋へ。
オールインワン(ラジオ、CD、MD)のちっこいコンポを購入。

これも全然ダメ。


オールインワンじゃなくて、セパレートで買え、とさらに助言。


ここで初めて地元の電器屋から卒業します。

ONKYOメーカーから直にアンプとプレイヤー、スピーカーを一気に購入。

このとき20万くらいかかりましたね・・・
恐るべし、音質への探究心。見習いたいものです(?)。


このONKYO一色セット、という全く面白みも無いような
オーディオ時代ではありましたが、さすがに値が張るだけあって、
良い仕事をしてくれました。ありがとう、ONKYO。
(スピーカーだけは現役でまだ家に残っています)


ここでしばらく、ヘッドホンに没頭しはじめます。

BOSEの直営店で2万円くらいするヘッドホンを
試聴したのがきっかけでした。

ビクターのぶっとい音も好きでした。
まさかJVCケンウッドで統合されるとは。

ヘッドホンはメーカーの特徴が顕著に表れる
(それも安物の方が特に)ので、音質遊びには
もってこいでしたね。

ゼンハイザー、PHILIPSなどなど、色気づいて
日本以外のメーカーにも手を出し始めたのもこの頃です。
(すぐにやめましたが)


高音質!高音質!と高まる欲求に、いよいよSACDに
手を出し始めます。

普通のCDプレイヤーは、もういらん!
さらばONKYO。(良い仕事をしていたのに)


次に購入したのはDENON。
アンプとSACDプレイヤーをオークションで購入。

とりあえず満足し、今に至ります。


ここまでが過去の私のオーディオ遍歴です。
さて、次に何を選んだのか・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック