キン肉マン チョイ懐かしのグッズを吟味する~その2~

【前回のあらすじ】

やっぱり、アニメヒーローズよりフィギュアコレクションの方が、
好みですかね~・・・

・・・「ちょっと待て!」

!???誰??

「アニメヒーローズの評価は、俺たちを観てからにしてもらおうか!」

そこに現れたのは・・・?



画像

「ウ~ララ~!」

なっ、なんじゃこりゃ?

画像

なんだなんだ?

画像

ああ・・・君でしたか。

戦況を読まずにとりあえず割って入る男、ジェロニモ。

そして、これこそが今回フィギュアコレクションに対抗する
超アニメヒーローズの作品です。

画像

見てください。

この大胆なエフェクトを取り入れたデザイン。

小さく立方体に収まるかのような造形のバランスの良さ。


花丸、あげちゃっても良いですかね。


画像

ジェロニモ!後ろ後ろ!


ジェロニモばっかりでは何なので・・・

画像

ウォーズマン。いつもの3倍はカッコ良いよ!

画像

業火羽輪の術!(羽が葉っぱみたいな色だよ!)
ザ・ニンジャは正義入りしてからチート技が使えなくなり、
ただの忍者になってしまいました・・・
味方になるとチート技が使用不可になる・・この仕様は
後にメガテンで取り入れられることになる・・・という
ウソのようなウソの話。


今回、接写(マクロ)撮影に優れた写真を撮るためにデジカメを新調しました。
(というほど高級なモノでは無いですが・・・)
あとは自分の腕次第じゃわい。グムー






★★★補足★★★

↓フリーの画像編集ソフトで、こんな画像を作ってみたよん♪

画像

この記事へのコメント

ゴクモンキ
2013年01月19日 23:23
お~~~、乱入者は彼らでしたか。
これらのフィギアの存在は把握してましたが、
アニメヒーローズとの関連性までは知りませんでした、グムー。

塗装は中国でしょうかね?
予備知識がないまま作業を始めた場合、
さすがに水鳥の羽根という発想はなく、
葉っぱで納得して生産を開始したのかな?
...って、製品見本なかったのかな?
などと、この葉っぱ仕様の塗装になった経緯を熟考しちゃってマッスル^^;
2013年01月20日 00:18
>ゴクモンキさん

アニメヒーローズから数年後、29周年イベントに乗じて発売されたのがこの超アニメヒーローズとのことです。

この頃のキン肉マングッズはほぼ中国製でしょうね~
今、肉フィギュアの動きが停滞しているのは、中国との外交問題が影響しているのかもしれませんね・・・
一度で良いから、こういったフィギュアの製作現場を見てみたい今日この頃。どんなところで製作されているのか、自分も気になって仕方ないです。

ニンジャの塗装の件は、「指示書に羽の色が書いてないよ~真っ白だよ(羽だから白が正解)」「きっと、これは葉っぱだから緑じゃないかな?」みたいな勘違いがあったのでは?と妄想しております。

この記事へのトラックバック