一柳富美子 ラフマニノフとムソルグスキー

一柳富美子氏のロシア音楽への造形は、深い。


コンドラシンのショスタコーヴィチ交響曲全集(BMG)に
一柳富美子氏の楽曲解説が入っており、大変読み応えがあった。

(その後井上道義のショスタコ・ツィクルスのパンフにも
 同様な解説が入っていたので、この全集は手放した)


この人の書いた文献は他にないものか?


つい最近、以下のような本が出ていることを知った。






ラフマニノフ―明らかになる素顔 (ユーラシア・ブックレット)
東洋書店
一柳 富美子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラフマニノフ―明らかになる素顔 (ユーラシア・ブックレット) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




欣喜雀躍。


早速ネットで購入。

おお、届いた届いた。
画像




おっ??
画像




薄っ!!
画像




これでン百円か~・・・シベリアの夜風が、身に凍みるぜ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック