マゼール バイエルン放響によるブルックナー交響曲全集

あ~ボッシュのブルックナー全集、聴いてみたいな~
どうしよっかなー買おうかなー

画像


朝晩は涼しいけど、日中は真夏日じゃないですか。ヤダー
    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ!
       `ヽ_つ__つ
              ジタバタ
(と叫ぶ心境の写真)



さてさて。
ツイッターを始めて1年半。早いものですね。

ツイッターを始めた当時は、月に結構な量のCDを購入していたことや、
忙しいこともあってせっかく購入したCDをなかなか開封できず、
未聴CDがどんどん貯まっていくような状況でした。
(あと、今日みたいに暑い日は聴く気になれまへん)

そんな自分を、某掲示板で密かに使われている自虐的な俗称「ミチョラー」と呼び、
ミチョラーのつぶやきとしてどうでも良い情報を発信していました。

その中でこのマゼールのブルックナー全集も未開封の憂き目に
あったCDのひとつでした。

画像


最近はよくブログで愚痴るように、自分の琴線に触れる新譜CDも少なく、
購入するCDが減ったことで未聴のCDの山はひとつ、またひとつと
消えていき、最後に残ったのがこの全集というわけです。

この全集の開封=ミチョラーからの脱却。

ドキドキしますね。さあ、開封です。


画像

ビリビリ。


画像

デデーーン!(←大げさ)

聴いてみた感想ですが、とにかく神経質な音楽の運びが印象的。
ヘンタイといわれる所以ですかね。

曲は違いますが、新世界(平壌ライブ)の第1楽章で
テーン、テ、テテー、テーテレッテッテーというモチーフがありますが、
テーテレッテッテーがどうしてもテーテレテテーみたいな
歌い崩しが生じやすいもの。(一流オケでも例外ではありません)

そこをマゼールは嫌がったのでしょうか、
テーテレッ、テッ、テ~~
とテンポを不自然なほどに落として歌わせます。
ここまでやると何が正しいのか分かりません。

このブルックナーでも所々で異様にテンポを落としたりするので
聴いていると三半規管がグニャァ~としてくるような感触を受けます。
こんな演奏、他にありません。(そりゃそうだ)




ブルックナー:交響曲全集
BR KLASSIK
2010-11-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルックナー:交響曲全集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック