EMI名盤SACDシリーズ ベスト・サンプラーを聴いて

※この記事はサンプラーを聴いた個人的な感想です.
 まだ聴いていないでこれから聴こうと考えている方は
 この先読むことをお薦めしません.
(先入観や変な期待を与えるおそれがありますので)
 一度聴いたことがある方が自分の受けた印象と比較する,
 といった楽しみ方をしていただければ幸いです.

 




エソテリックのSACDリリースの好調に影響されてか,
メジャーレーベルも重い腰を上げはじめました♪

中でもEMIはどどーーんと100タイトル出しちゃうぜ,
ってんだから嬉しい悲鳴.

でも全部買うのは無理.

そこでベスト・サンプラーを購入し,聴いてみてどれが買いか?
を自分なりにメモってみました.簡単ではありますがそのメモを
公開しちゃいます.

(★は自分が「ムムッ!」と唸ったところ)

トラック1
幻想交響曲より断頭台への行進(ミュンシュ,パリ管)
・迫 力:良好
・臨場感:良好
・クリア:微妙
<寸評>
高音少し痩せた音.ただしピッチカートの音は美味しい.
金管ティンパニが良い味だが,全体的に録音の古さが際だつ.

トラック2
フィンガルの洞窟(クレンペラー,フィルハーモニア)
・迫 力:普通
・臨場感:普通
・クリア:良好
<寸評>
バランスの良い音質.全体的に優しい印象.

トラック3
イタリア交響曲より1楽章(クレンペラー,フィルハーモニア)
・迫 力:普通
・臨場感:良好★
・クリア:良好
<寸評>
金管が少し高い位置から聞こえるのは好印象.
音場が拡がって,SACD効果が一番感じられた.

トラック4
マーラー交響曲第5番アダージェット(テンシュテット,ロンドンフィル)
・迫 力:普通
・臨場感:普通
・クリア:良好
<寸評>
綺麗な音質.深夜の音が良くなる時間帯に聴くとより良い感じに
聞こえるだろうな,という印象.

トラック5
大地の歌より第1楽章(クレンペラー,フィルハーモニア)
・迫 力:良好
・臨場感:良好★
・クリア:普通
<寸評>
音のバランス無視の印象を受けるが,前へ前へと迫ってくる感じが
音に包まれているような感覚を味わえて心地よい.
それにしてもクレンペラーからのチョイスの多さよ.

トラック6
くるみ割り人形より花のワルツ
・迫 力:普通
・臨場感:良好
・クリア:良好★
<寸評>
一番自然な音質である.他が味付け過多に聞こえるか,もしくは
これが物足りなく聞こえるかはあなた次第.

トラック7
ラフマニノフピアノ協奏曲第2番より第1楽章(ワイセンベルク,カラヤン)
・迫 力:良好★
・臨場感:良好
・クリア:良好
<寸評>
ズシーンと響くピアノの音.分厚いオケの音.度肝を抜かれる.
音楽の意味はわからんが,とにかく凄い迫力.

トラック8
エルガーチェロ協奏曲より第1楽章(デュプレ,バルビローリ)
・迫 力:良好
・臨場感:普通
・クリア:良好
<寸評>
ソロの音,良し.柔らかい音質がバルビローリの歌い回しにも
マッチしている.


こんな感じでした.信じるか信じないかはあなた次第です.



EMIクラシックスSACD名盤シリーズ ベスト・サンプラー 第1集(交響曲 管弦楽曲 協奏曲編)
EMIミュージック・ジャパン
2012-01-18
オムニバス(クラシック)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by EMIクラシックスSACD名盤シリーズ ベスト・サンプラー 第1集(交響曲 管弦楽曲 協奏曲編) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック